芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲオルグ・イェリネックGeorg Jellinek

法学者[ドイツ]

1911年 1月12日 死去享年61歳

ゲオルグ・イェリネック - ウィキペディアより引用

ゲオルグ・イェリネック(Georg Jellinek、1851年6月16日 - 1911年1月12日)は19世紀ドイツを代表する公法学者。
著名な行政法学者、ヴァルター・イェリネックは彼の子。
その立場は法実証主義に連なるものとされているが、法の存在条件を社会的事実に求める英米的法実証主義とは異なる大陸系法実証主義に分類される。
功績 イェリネックは代表的な著作『Die Erklärung der Menschen- und Bürgerrechte(The Declaration of the Rights of Man and the Citizen)』(1895年、邦題『人権宣言論』に所収)のなかで、法に対する国家の自己拘束理論を唱え、絶対主義的君主主義に反対して人権の確立に努めた。

(Georg Jellinek、1851年6月16日 - 1911年1月12日) 帝政期ドイツを代表する公法学者。当時のドイツの絶対主義的君主主義に反対し、国家権力の個人に対する絶対的な優位を説く思想を批判した上で、それに対する理論として、国家権力が国家という法人において憲法や法律で自己拘束されるという「国家主権説(国家法人説)」を展開した。その立場は法実証主義に連なるものとされているが、法の存在条件を社会的事実に求める英米的法実証主義とは異なる大陸系法実証主義に分類される。ワイマール時代の法学者『行政法』の著者ヴァルター・イェリネック?は彼の子息。 (引用元 Hatena Keyword)

「ゲオルグ・イェリネック」と関連する人物(故人)

Copyright© 2011-2018 fuhou-shinbun.com All Rights Reserved.