訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ゲオルグ・イェリネックGeorg Jellinek

法学者[ドイツ]
1911年 1月12日 死去享年61歳
ゲオルグ・イェリネック - ウィキペディアより引用
ゲオルグ・イェリネック(Georg Jellinek、1851年6月16日 - 1911年1月12日)は19世紀ドイツを代表する公法学者。
著名な行政法学者、ヴァルター・イェリネックは彼の子。
その立場は法実証主義に連なるものとされているが、法の存在条件を社会的事実に求める英米的法実証主義とは異なる大陸系法実証主義に分類される。
功績 イェリネックは代表的な著作『Die Erklärung der Menschen- und Bürgerrechte(The Declaration of the Rights of Man and the Citizen)』(1895年、邦題『人権宣言論』に所収)のなかで、法に対する国家の自己拘束理論を唱え、絶対主義的君主主義に反対して人権の確立に努めた。
題名
人権宣言論 他三篇 (上巻): 現代語訳
著者
発売元
双葉堂
発売日
2015-11-12
新品価格
より
中古商品
より

「ゲオルグ・イェリネック」と関連する人物(故人)

美濃部達吉 マックス・ヴェーバー 英太郎

↑ PAGE TOP