訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高山彦九郎(たかやまひこくろう)

尊王思想家[日本]

(寛政5年6月28日没)

1793年 8月4日 死去自刃享年47歳

高山彦九郎 - ウィキペディアより引用
高山 彦九郎(たかやま ひこくろう、延享4年5月8日(1747年6月15日) - 寛政5年6月28日(1793年8月4日))は、江戸時代後期の尊皇思想家である。
父は高山良左衛門正教、母はしげ。
兄は高山正晴。
妻はしも後にさき。
子に高山義介ほか娘など。
林子平・蒲生君平と共に、「寛政の三奇人」の1人(「奇」は「優れた」という意味)。
名は正之。
生涯 上野国新田郡細谷村(現群馬県太田市)の郷士高山良左衛門正教の二男として生まれ、諱を正之という。
戒名は「松陰以白居士」。
先祖は平姓秩父氏族である高山氏出身で、新田十六騎の一人である高山重栄とされている。
13歳の時に「太平記」を読んだことをきっかけに勤皇の志を持ち、18歳の時に遺書を残して家を出て、各地を遊歴して勤皇論を説く。
前野良沢・大槻玄沢・林子平・藤田幽谷・上杉鷹山・広瀬淡窓・蒲池崑山など多くの人々と交友し、蝦夷地(北海道)へ渡ろうとするが果たせずにいる。
京では岩倉具選宅に寄留し、奇瑞の亀を献上したことにより光格天皇にも拝謁した。
その感激を詠った次の歌は、愛国百人一首にもとられており、名高い。