芸能人・経営者のおくやみ情報

松原正 氏(まつばらただし)

早稲田大学名誉教授・英米文学[日本]

2016年 6月8日 死去胆管がん享年87歳

松原 正 (まつばら ただし、1929年12月22日 - ) は、日本の評論家、劇作家。
早稲田大学名誉教授。
自らも保守派でありながら、西部邁や西尾幹二ら保守派の論客への激しい批判で知られる。
東京都生まれ。
1952年、早稲田大学第一文学部卒業。
学生時代より福田恆存に師事し、正字体、歴史的仮名遣で文章を書く。
早い時期から文藝評論家を目指し、高田保を通して福田の知遇を得た。
のち英米演劇を専門にして翻訳のみならず幾つかの戯曲を発表、早稲田大学で教鞭をとることになる。
かつて「中央公論」などにも文章を発表、産経新聞にも寄稿したことがあるが、1980年代以降は主に「月曜評論」などのミニコミ誌に執筆していた。
2004年8月号で同誌が廃刊となり、現在は連載を持たない。
大手誌への執筆が殆ど無いため、評論家としての知名度は低い。
早大教授時代の教え子に評論家の坪内祐三がいる。
評価・エピソード 「論壇の人斬り以藏」と自称する。
このため評価が大きく分かれる傾向があり、少数だが熱心な愛読者を持つ。
1990年代以降は執筆の場が限られ、一般の読者に直接読まれる機会が少ない。