訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

クヌート・ラスムッセンKnud Johan Victor Rasmussen

探検家、人類学者[グリーンランド]

1933年 12月21日 死去肺炎享年55歳

クヌート・ラスムッセン - ウィキペディアより引用
クヌート・ラスムッセン(Knud Johan Victor Rasmussen、1879年6月7日– 1933年12月21日)はグリーンランドの極地探検家で、人類学者である。
「エスキモー学の父」と呼ばれる。
北西航路を始めてイヌぞりで横断した。
グリーンランドやデンマーク、カナダのイヌイットの間では、よく知られた人物である。
グリーンランド、イルリサット(デンマーク名:Jakobshavn)のデンマーク人の宣教師の家に生まれた。
母親はイヌイットである。
グリーンランドのイヌイット(Kalaallit) のなかで暮らし、彼らの言葉や狩りの方法や、犬ぞりの使い方、厳しい季候のなかでの暮らし方を学んだ。
後にシェラン島の北部の街、Lyngeで教育を受け、20歳ころまでの2年間、俳優やオペラ歌手をめざしたが成功しなかった。
1902年から1904年にかけて "The Literature Expedition"と呼ばれる最初の探検旅行を Jørgen Brønlund、Harald Moltke、Ludvig Mylius-Erichsenと行い、イヌイットの文化を調査した。

↑ PAGE TOP