芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード1世Edward I

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1307年 7月7日 死去享年69歳

エドワード1世 - ウィキペディアより引用

『エドワード1世 (イングランド王)』より : エドワード1世(英語: Edward I, 1239年6月17日 - 1307年7月7日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位1272年11月17日 - 1307年7月7日)。
ヘンリー3世の長男であり、1272年に父王の崩御で即位し、以降1307年の崩御までイングランド王として君臨した。
内政面では法整備を進めたことや1295年に代議制議会の要素が強い模範議会を招集したことなどが特筆される。
外交は近隣諸国との戦争に明け暮れ、ウェールズやスコットランドに侵攻して併合したり、アキテーヌを巡ってフランスと戦争するなどした。
しかしスコットランド支配は激しい抵抗運動を招いて最終的には破綻し、フランスとの戦争はやがて百年戦争へと繋がっていく。
渾名は "Longshanks"(ロングシャンクス、「長い足」「長脛王」、身長が190cmあったため)および"Hammer of the Scots"(ハンマー・オブ・ザ・スコッツ、「スコットランド人への鉄槌」)。

エドワードいっせいEdwardI [生]1239.6.17.ウェストミンスター[没]1307.7.7.カンバーランド,カーライル付近イギリス,プランタジネット朝のイングランド王(在位1272~1307)。ヘンリー3世の子。1265年シモン・ド・モンフォールを破り,1271年十字軍に参加。父王の死後その跡を継いで即位。父王ヘンリー3世治世の失政と封建諸侯の反王権行動に学んで,王権の強化と国政の整備に努め,種々の改革立法を行ない,「立法者」の名で知られる。また各地の大諸侯,聖職者を招集して,王や裁判官,評議会の正規の議員とからなる集会をたびたび開き,通常の裁判所では効果的に処理できないような法律問題を決定した。集会はそれぞれ6~7週間続き,人々はしだいにこれを議会と呼ぶようになった。特に1295年11月スコットランド遠征の戦費捻出のために開かれた議会は,模範議会として知られる。対外的にはウェールズの征服を完成(1282)し,長子のためにウェールズ大公PrinceofWalesの称号を復活し,この新しい国王直轄地を与えた。以後イングランド王位継承者が必ず受ける太子領となった。しかし対スコットランド干渉には失敗,後継者に大きな負担を残した。スコットランド遠征中,死去。 (引用元 コトバンク)