訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ニコラ・レオナール・サディ・カルノーNicolas Léonard Sadi Carnot

物理学者技術者[フランス]

1832年 8月24日 死去コレラ享年37歳

ニコラ・レオナール・サディ・カルノー - ウィキペディアより引用
ニコラ・レオナール・サディ・カルノー(仏: Nicolas Léonard Sadi Carnot、1796年6月1日 パリ - 1832年8月24日 パリ)はフランスの軍人、物理学者、技術者で、仮想熱機関「カルノーサイクル」の研究により熱力学第二法則の原型を導いたことで知られる。
生涯 ラザール・ニコラ・マルグリット・カルノー(軍人、政治家、技術者、数学者)の長男として生まれた。
少年時代から、水車のメカニズムなど、科学的な現象に興味を持っていたという。
また控え目で非社交的であったが,正義感と感受性の強い性格であった。
1812年、エコール・ポリテクニークに入学。
1814年に卒業後公務実施学校工兵科へと進み、技師として活動した。
1814年,15年のナポレオン失脚により、共和派の政治家であった父ラザールはマグデブルグでの亡命生活を余儀なくされたが,サディ・カルノーは王政復古下の軍隊に残った。
1819年参謀部の中尉に任命されたが、まもなく休職し、パリやその近郊で芸術鑑賞や楽器の演奏などのかたわら、熱機関と科学の研究を行った。

↑ PAGE TOP