芸能人・経営者のおくやみ情報

モハメド・アリ 氏Muhammad Ali

元プロボクシング選手[アメリカ]

2016年 6月3日 死去享年75歳

モハメド・アリ - ウィキペディアより引用

モハメド・アリ(Muhammad Ali、1942年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。
元世界ヘビー級チャンピオン。
アフリカ系アメリカ人であるが、イングランドとアイルランドの血も引いている。
ケンタッキー州ルイビル出身。
イスラム教改宗前の本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay Jr.)。
1964年にネーション・オブ・イスラムへの加入を機に、リングネームをモハメド・アリに改名した。
1960年ローマオリンピックボクシングライトヘビー級で金メダルを獲得。
その後プロに転向し、1964年にはソニー・リストンを倒して世界ヘビー級王座を獲得した。
マルコム・Xと出会いその思想に共鳴。
イスラム教にも改宗。
ベトナム戦争徴兵も拒否する。
その発言と行動は当時の米国政府や保守派との深刻な対立をもたらし、世界タイトル剥奪や試合禁止等様々な圧力が加えられた。
しかし最終的には、通算3度のチャンピオン奪取成功と19度の防衛に輝いた。
ジョージ・フォアマンとザイールで対戦。
8Rでの一発大逆転を演じたタイトルマッチや、ジョー・フレージャーとの死闘など、ボクシング史上に残る数々な名勝負を行っている。

MuhammadAli [生]1942.1.17.ケンタッキー,ルイビル[没]2016.6.3.アリゾナ,スコッツデールアメリカ合衆国のプロボクサー,社会運動家。本名CassiusMarcellusClay,Jr.。人種差別の強い南部で育ち,12歳のときボクシングを始める。1960年ローマ・オリンピック競技大会のライトヘビー級で金メダルを獲得し,その後プロに転向。1964年ソニー・リストンに勝利して世界ヘビー級チャンピオンとなった。その後,アフリカ系アメリカ人のイスラム運動組織ネーション・オブ・イスラムの信徒であることを公表,リング名をムスリム名(→ムスリム)に改名。1967年にはベトナム戦争への徴兵を拒否したことで9回防衛したタイトルを剥奪され,裁判でも有罪の判決がくだされたが,4年後に無罪となった。1974年ジョージ・フォアマンからタイトルを奪回し,1978年にレオン・スピンクスに敗れるまで通算19回防衛。同1978年スピンクスを破り,史上初2度の王座返り咲きを果たした。1979年チャンピオンのまま引退。1980年復帰してラリー・ホームズの王座に挑んだが失敗し,1981年に再び引退。自身を評した「チョウのように舞い,ハチのように刺す」ということばは,モハメド・アリのボクシングスタイルを形容する語として知られる。引退後,パーキンソン症候群を患い,長年闘病した。1996年アトランタ・オリンピック競技大会ではオリンピック聖火の点火役を務めた。通算成績は61戦56勝(37KO)5敗。 (引用元 コトバンク)