芸能人・経営者のおくやみ情報

ガブリエル・ファーレンハイトDaniel Gabriel Fahrenheit

物理学者[ドイツ]

1736年 9月16日 死去享年51歳

ガブリエル・ファーレンハイト - ウィキペディアより引用

ガブリエル・ダニエル・ファーレンハイト(Daniel Gabriel FahrenheitまたはGabriel Daniel Fahrenheit、1686年5月24日 - 1736年9月16日)は、ポーランド・リトアニア共和国、王冠領プロイセンのグダニスク(ドイツ語名ダンツィヒ)で生まれ主にオランダで活動したドイツ人技術者・物理学者。
水と氷が共存する温度と健全な男性の体温を固定点とする温度である華氏(ファーレンハイト度)に名前を残している。
華氏という表記は、ファーレンハイトの中国語における音訳「華倫海特」から来ている。
また、比重瓶、浮き秤、温度計の改良を行った。
ファーレンハイトはそれまで一般的に使われていたアルコール類を使った液柱温度計の不正確さを、純度の高い水銀を使用する他、精密な製作技術で精度を高めた。
また、ファーレンハイト自身の温度計を使って様々な液体の沸点を計測した。
そして沸点が液体ごとに異なること、および大気圧によって変動することを発見した。
生涯 1686年5月24日、ポーランド・リトアニア共和国のグダニスクに商人の元に長男として生まれるが、1701年に両親の死亡を機にオランダのアムステルダムに移る。

Gabriel Daniel Fahrenheit ポーランド生まれで主にオランダなどで活躍した物理学者。1724年にファーレンハイト温度目盛を提唱した。 (引用元 Hatena Keyword)

「ガブリエル・ファーレンハイト」と関連する人物(故人)