芸能人・経営者のおくやみ情報

柳家喜多八 氏(やなぎやきたはち)

落語家[日本]

2016年 5月17日 死去がん享年68歳

柳家 喜多八(やなぎや きたはち、1949年10月14日 - )は、東京都練馬区出身の落語家。
落語協会所属の真打。
本名は林 寛史(はやし ひろふみ)。
学習院大学落語研究会から柳家小三治に入門した。
出囃子は『梅の栄』、紋は『三ツ柏』。
1968年3月 - 東京都立秋川高等学校を卒業。
1976年3月 - 学習院大学を卒業。
1977年2月 - 10代目柳家小三治に入門。
1978年9月 - 前座になる。
名は小より。
1981年5月 - 二つ目に昇進。
小八に改名。
1993年9月 - 真打昇進。
喜多八に改名。
師匠の芸を受け継ぎつつ独自の芸風を確立し、現在は柳派の中堅落語家として玄人筋の評価が高い。
得意な噺は「だくだく」、「もぐら泥」、「二番煎じ」、「笠碁」ほか多数。
柳派の落語は何でもこなす。
自称虚弱体質。
渋みのある声質ながらとぼけた雰囲気を持ち、出囃子からけだるい雰囲気で座布団に座り、一見やる気のない枕から、いつの間にか熱演に引き込み、爆笑をさそう。

落語協会所属の落語家。 1949年10月14日、生まれ。2016年5月17日、死去。 東京都出身。 (引用元 Hatena Keyword)