芸能人・経営者のおくやみ情報

山葉寅楠(やまはとらくす)

ヤマハ創業者[日本]

1916年 8月8日 死去享年66歳

山葉寅楠 - ウィキペディアより引用

山葉 寅楠(やまは とらくす、嘉永4年4月20日(1851年5月20日) - 大正5年(1916年)8月8日)は、日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の創業者。
日本初のオルガン(リード・オルガン)製造者であり、日本のピアノ製造業の創始者の一人である。
来歴・人物 嘉永4年(1851年)4月20日、紀州藩の山葉孝之助の三男として紀伊国和歌山城下(現在の和歌山県和歌山市)に生まれる。
父が紀州藩で天文係を務めていたこともあり、幼少の頃から機械いじりが得意であった。
また16歳頃には剣術修行に出ようとしたこともある。
二刀流にも造詣があったという。
だが後に職人の道を歩むこととなる。
明治維新後の1871年に長崎に出て英国人のもとで時計の修繕法を学び、その後大阪の医療器具店に勤め医療器具の修理工として働いた。
1884年から浜松支店に駐在していたが医療器具の修理だけではなく、時計をはじめとした機械器具全般の修理などを請け負っていた。
1887年に浜松尋常小学校(現在の浜松市立元城小学校)アメリカ製オルガンの修理を手がけたことからその構造を学び、1888年に日本最初の本格的オルガンの製造に成功した。

やまは-とらくす 1851-1916明治-大正時代の実業家。嘉永(かえい)4年4月20日生まれ。時計,医療機器の修理を業とする。明治20年静岡県浜松でオルガンを修理したのを機に試作をはじめ,同年初の国産オルガンを製作。22年山葉風琴製造所を設立。30年改組して日本楽器製造(現ヤマハ)とし,初代社長。ピアノの国産化をすすめるなどヤマハの基礎をきずいた。大正5年8月8日死去。66歳。紀伊(きい)和歌山出身。出身。 (引用元 コトバンク)

「山葉寅楠」と関連する人物(故人)