芸能人・経営者のおくやみ情報

寺山修司 氏(てらやましゅうじ)

作家歌人詩人、小説家、映画監督競馬評論家[日本]

1983年 5月4日 死去敗血症享年49歳

寺山修司 - ウィキペディアより引用

寺山 修司(てらやま しゅうじ、1935年12月10日 - 1983年5月4日)は日本の歌人、劇作家。
演劇実験室「天井桟敷」主宰。
「言葉の錬金術師」「アングラ演劇四天王のひとり」「昭和の啄木」「覗き見マニア」「エロスのアナキスト」「政治嫌いの革命家」「ジャンルを超えたコラージュの達人」「あしたのジョーを愛した男」「三島由紀夫のライバル」「生まれながらのトリック・スター」「サブ・カルチャーの先駆者」の異名をとり、上記の他に俳人、詩人、演出家、映画監督、小説家、作詞家、脚本家、随筆家、評論家、俳優、写真家などとしても活動、膨大な量の文芸作品を発表した。
競馬への造詣も深く、競走馬の馬主になるほどであった。
メディアの寵児的存在で、新聞や雑誌などの紙面を賑わすさまざまな活動を行なった。
少年時代 1935年(昭和10年)12月10日、父・八郎、母・ハツの長男として生を受ける。
八郎は東奥義塾弁論部OBで当時弘前警察署勤務。
父の転勤のため、県内各所を転々とする。
ハツと元妻・九條今日子によれば、青森県弘前市紺屋町生まれとされる。

てらやましゅうじ [生]1935.12.10.青森[没]1983.5.4.東京歌人,劇作家,演出家,詩人。早稲田大学国語国文科中退。高校の頃から詩才に注目され,大学進学後,短歌50首『チェホフ祭』(1954)で『短歌研究』新人賞受賞。「私」性を排したロマンとしての短歌で戦後短歌史に新しい1ページを開いた。1960年処女長編戯曲『血は立ったまま眠っている』を発表。67年に横尾忠則らと実験演劇室「天井桟敷」を結成,見世物の復権を唱え,徹底した前衛性と市街の劇場化などで国内外にセンセーションを巻き起した。代表作に『毛皮のマリー』(67),『奴婢訓』(78)など。『田園に死す』(74)などの映画や,エッセイ,評論でも鋭い感性と独自の視点を表わした。 (引用元 コトバンク)