芸能人・経営者のおくやみ情報

工藤幹夫 氏(くどうみきお)

プロ野球選手[日本]

2016年 5月13日 死去肝不全享年57歳

工藤 幹夫(くどう みきお、1960年9月30日 - )は、秋田県出身の元プロ野球選手(投手、内野手)。
本荘南中学校時代には軟式野球で東北大会で優勝。
当時のチームメイトには村岡敏英がいる。
本荘高校時代には甲子園出場経験はなかったものの巨人も獲得意欲を示していた程の逸材であった。
1978年にドラフト2位で日本ハムへ入団。
入団当初はアンダースローだったが、サイドスローへとフォームを改造して頭角を現し、1981年の日本シリーズで2勝を挙げる。
1982年は先発として20勝4敗・防御率2.10の成績を収め、最多勝・最高勝率・ベストナインに輝く。
この年の9月に右手小指を骨折し、前期優勝の西武と対戦するプレーオフは絶望と見られていたが、驚異の回復を見せて10月9日の第1戦に先発。
この時は6回0/3を投げて無失点だったものの、打線の援護が無く勝ちはつかなかった。
しかし、第1戦から中2日の第3戦に再び先発すると1失点完投勝利、このプレーオフ日本ハム唯一の勝利をもたらした。

元プロ野球選手。 1960年9月30日、生まれ。2016年5月13日、死去。 秋田県出身。 1982年、日本ハムで最多勝、最高勝率、ベストナインのタイトルを獲得した。 (引用元 Hatena Keyword)