訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルイ=ニコラ・ヴォークランLouis-Nicolas Vauquelin

化学者[フランス]

1829年 11月14日 死去享年67歳

ルイ=ニコラ・ヴォークラン - ウィキペディアより引用
ルイ=ニコラ・ヴォークラン(Louis-Nicolas Vauquelin 、1763年5月16日 - 1829年11月14日)はフランス・ノルマンディー出身の化学者・薬剤師である。
1797年にクロム、1798年にベリリウムを発見した。
有機化学の分野でもアスパラギン、リンゴ酸、ショウノウ酸、キナ酸などを発見している。
1783年から1791年までアントワーヌ・フールクロア(w:Antoine Fourcroy、1755年6月15日 - 1809年12月16日)の助手になった。
フランス革命中は国外に逃れたが、1794年帰国すると、エコール・デ・ミーヌ(国立鉱山学校)の化学の教授、1809年からパリ大学の教授になった。

↑ PAGE TOP