訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

新屋英子 氏(しんやえいこ)

女優[日本]

2016年 5月2日 死去享年89歳

新屋 英子(しんや えいこ、1928年6月9日 - )は、日本の女優。
大阪府大阪市天満に生れる。
来歴・人物 1945年、大阪市立扇町高等女学校卒業後、大阪の陸軍師団司令部に勤務する。
戦後、演劇の道に進む。
1957年の劇団関西芸術座創設メンバー。
代表作は、在日朝鮮人のオモニを演じる一人芝居『身世打鈴(しんせたりょん)』。
1973年の初演以来、公演回数は2000回以上を数える。
『荷車の歌』で大阪府民劇場賞、『藤戸』で大阪府・大阪市文化祭賞を受賞。
舞台のほか、山田洋次監督の『学校』などの映画にも数多く出演している。
夫は劇作家・演出家の鶉野昭彦。
出演作品 舞台 身世打鈴 チョゴリの被爆者 燕よ、あの人に伝えてよ ヒミコ伝説 わたしの蓮如さん以上、全て一人芝居 星砂―オキナワ 映画 旅の重さ(1972年) 学校(1993年)オモニ役 ジョゼと虎と魚たち(2003年)ジョゼの祖母役 ぼくんち(2003年)猫ばあ役 お父さんのバックドロップ(2004年) 幸福のスイッチ(2006年) パッチギ! LOVE&PEACE(2007年) 図鑑に載ってない虫(2007年) ぐるりのこと。