芸能人・経営者のおくやみ情報

雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)

儒学者[日本]

(宝暦5年1月6日没)

1755年 2月16日 死去享年88歳

雨森芳洲 - ウィキペディアより引用
雨森 芳洲(あめのもり ほうしゅう、寛文8年5月17日(1668年6月26日) - 宝暦5年1月6日(1755年2月16日))は、江戸時代中期の儒者。
諱は俊良、のち誠清(のぶきよ)、通称は藤五郎・東五郎、号は芳洲、字を伯陽、漢名として雨森東を名乗った。
中国語、朝鮮語に通じ、対馬藩に仕えて李氏朝鮮との通好実務にも携わった。
新井白石・室鳩巣ともに木下門下の五先生や十哲の1人に数えられた。
生涯 木下順庵門下 寛文8年(1668年)、近江国伊香郡雨森村(現・滋賀県長浜市高月町雨森)の町医者の子として生まれた。
1679年、12歳の頃より京都で医学を学び、1685年頃、江戸へ出て朱子学者・木下順庵門下に入った。
同門の新井白石、室鳩巣、祇園南海らとともに秀才を唱われ、元禄2年(1689年)、木下順庵の推薦で、当時、中継貿易で潤沢な財力をもち、優秀な人材を探していた対馬藩に仕官し、元禄5年(1692年)に対馬国へ赴任した。

「雨森芳洲」と関連する人物(故人)