芸能人・経営者のおくやみ情報

石井久 氏(いしいひさし)

立花証券元社長[日本]

2016年 4月22日 死去肺炎享年93歳

石井 久(いしい ひさし、1923年5月13日 - 2016年4月22日)は、日本の実業家。
立花証券の父として知られ、最後の相場師などの異名をとった。
13人兄弟のうちの7番目の五男として福岡県筑紫郡大野村(現大野城市)牛頸(うしくび)の小農家藤井家に生まれる。
地元の尋常高等小学校を卒業ののち、昭和13年(1938年)4月に渡辺鉄工所(九州飛行機)に入所。
8年後の昭和21年(1946年)8月に弁護士を志して上京するが、警視庁警察練習所に入所、のち昭和22年(1947年)3月をもって24歳で巡査となる。
同年11月に5歳年下の石井愛子と結婚、石井姓へ。
警視庁を退官ののち昭和23年(1948年)6月に東京自由証券株式会社に入社、株式新聞の記者などを経て、昭和28年(1953年)3月29歳のときに石井株式研究所を創立する。
同年9月に江戸橋証券株式会社を創立、昭和32年(1957年)6月には立花証券株式会社を買収し江戸橋証券とこれを合併、4年後の昭和36年(1961年)10月には同社の取締役社長に就任。

いしい-ひさし 1923-昭和後期-平成時代の経営者。大正12年5月13日生まれ。小学校卒業後,鉄工所などではたらく。戦後上京し,証券会社の歩合外務員となる。かたわら独眼流の筆名で株式新聞に相場観を執筆,昭和28年のスターリン暴落を的中させて注目される。同年江戸橋証券を設立。32年立花証券を買収・合併(名称は継承)して社長,63年会長,平成12年取締役相談役。福岡県出身。旧姓は藤井。 (引用元 コトバンク)

「石井久」と関連する人物(故人)