芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル・ノディエCharles Nodier

作家[フランス]

1844年 1月27日 死去享年65歳

シャルル・ノディエ - ウィキペディアより引用

シャルル・ノディエ(Charles Nodier、1780年4月29日 - 1844年1月27日)は、フランスの小説家。
フランス幻想文学の祖と言われる。
生涯 フランスのブザンソンに生まれる。
フランス革命の動乱の時代にあってまとまった正規の教育は受けなかったが、11歳の時に革命演説をするなど早熟な少年で、反ナポレオン活動で山野を逃げ回ることもあった。
逃亡先の村々での老婆の炉端語りと、チョウ蒐集を愛好し、18歳の時に昆虫の触角についての著作を著す。
瞑想社という結社を作り、そこの友人の妹に恋をするが、彼女は翌年に死亡、その義妹と結婚する。
1818年から「ジャン・スボガール」、「テレーズ・オベール」「スマラ、あるいは夜の霊」「トリルビー」などを発表。
1823年にシャルル10世(アルトワ伯)の私設図書館であったパリのアルスナル図書館に職を得てそこに住まい、図書館が国立となった後も継続する。
そこで若い文学者達を集めたサロンを開き、その中にはヴィクトル・ユーゴーやデュマなどがいてフランスのロマン主義運動の元となった。