訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョン・アーバスノット・フィッシャーJohn Arbuthnot Fisher

海軍軍人・提督[イギリス]

1920年 7月10日 死去がん享年80歳

ジョン・アーバスノット・フィッシャー - ウィキペディアより引用
ジョン・アーバスノット・フィッシャー(John Arbuthnot Fisher, 1st Baron Fisher of Kilverstone, 1841年1月25日 - 1920年7月10日)は、"ジャッキー・フィッシャー"("Jackie Fisher")の名で知られるイギリスの軍人、提督。
初代フィッシャー男爵、バス勲爵士(GCB)、メリット勲章(OM)、ヴィクトリア勲爵士(GCVO)。
先込め大砲を備える木製帆船の時代に海軍へと入り、巡洋戦艦と潜水艦、そして最初の航空母艦建造に関与するなど、60年以上に及ぶ軍歴の中でイギリス海軍に対し大きな影響を与えた。
艦艇建造や戦術考案ばかりでなく、英国海軍の人事改革・教育改革の面でも大きな功績を残している。
イギリス海軍の歴史上、ネルソン提督に次ぐ重要人物である。
幼年時代 フィッシャーはスリランカ(当時のセイロン)中部州ランボダに勤務するイギリス人士官の家の11人兄弟の長男に生まれた。
父はセイロン総督の副官であったウィリアム・フィッシャー陸軍大尉だった。
一家はコーヒー農園を営んでいたが裕福ではなかった。

↑ PAGE TOP