芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード4世Edward IV

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1483年 4月9日 死去享年42歳

エドワード4世 - ウィキペディアより引用

『エドワード4世 (イングランド王)』より : エドワード4世(Edward IV, 1442年4月28日 - 1483年4月9日)は、イングランド国王(在位:1461年 - 1483年、ただし1470年から1471年にかけて数ヶ月の中断がある)。
薔薇戦争(1455年 – 1485年/1487年)の第一次内乱に勝利したことにより、ランカスター家のヘンリー6世を廃位して、ヨーク朝を開いた。
ウォリック伯リチャード・ネヴィルの反乱(第二次内乱)により短期間だが王位を追われて、ヘンリー6世の復位を許すが、反撃に成功して王位を取り戻している。
生涯 出生から即位 イングランド王位継承権者ヨーク公リチャードとセシリー・ネヴィルの次男として1442年4月28日にフランスのルーアンに生まれた。
彼の生まれたヨーク家は王家であるランカスター家を除くと、唯一のエドワード3世の男系子孫であった。
兄であるヘンリー・オブ・ヨークは早逝しており、実質的な長男である。
幼少にしてマーチ伯(ウェールズ辺境伯)に叙爵され、少年期の大部分をウェールズ境界地方(ウェールズ・マーチ)のラドロー城で過ごした。

エドワードよんせいEdwardIV [生]1442.4.28.ルーアン[没]1483.4.9.ウェストミンスターイギリス,ヨーク朝初代のイングランド王(在位1461~70,71~83)。ヨーク家のリチャード(ヨーク〈公〉)の長男に生れ,1460年父がウェークフィールドで殺害されたのち,ヨーク家の王位継承権の主張を受継いでバラ戦争を戦い抜き,ランカスター家のヘンリー6世を追放して王位についた。その後ヨーク派内部に分裂が生じ,ランカスター派に乗じられ,70年王位を追われたが,翌年復位した。王権強化のために財政や行政を改革,ヨーロッパ列強と結んだ通商条約によって,海外貿易の発展にも貢献した。 (引用元 コトバンク)