芸能人・経営者のおくやみ情報

カルロ・エマヌエーレ3世Carlo Emanuele III

サルデーニャ王国国王[サルデーニャ王国]

1773年 2月20日 死去享年73歳

カルロ・エマヌエーレ3世 - ウィキペディアより引用

カルロ・エマヌエーレ3世 (イタリア語:Carlo Emanuele III、1701年4月27日 - 1773年2月20日)は、サルデーニャ王国の第2代国王(在位:1730年 - 1773年)。
ヴィットーリオ・アメデーオ2世と妃アンナ・マリーア・ドルレアンスの子。
生涯 1701年、トリノでサルデーニャ王ヴィットーリオ・アメデーオ2世の次男として生まれた。
兄のヴィットーリオ・アメデーオが1715年に天然痘で死去したため跡継ぎになった。
1730年、父が精神疾患により退位するとサルデーニャ王になった。
翌年に父が復位しようとしたためリヴォリ城に幽閉した。
ポーランド継承戦争ではフランス側のスタニスワフ・レシチニスキを支持し、ロンバルディアを占領した。
しかし、スペイン王フェリペ5世が参戦の代償にミラノ公国の領有を要求したためこれに反発し、交渉は紛糾した。
フランス・スペイン・サルデーニャ連合軍はマントヴァを無事占領したが、結局フェリペ5世の要求が通り、サルデーニャはトルトーナやノヴァーラを獲得するにとどまった。

「カルロ・エマヌエーレ3世」と関連する人物(故人)