芸能人・経営者のおくやみ情報

山本功児 氏(やまもとこうじ)

プロ野球選手、監督[日本]

2016年 4月23日 死去肝臓がん享年66歳

山本功児 - 元プロ野球選手、監督

山本 功児(やまもと こうじ、1951年12月25日 - 2016年4月23日)は、プロ野球選手・監督。
ポジションは一塁手、外野手。
左投げ左打ち。
大阪府堺市出身。
長男は同じくプロ野球選手の山本武白志。
来歴・人物 プロ入りまで 実家が当時の南海ホークスの練習場であった中百舌鳥球場と選手寮(秀鷹寮)の近くでパン・菓子屋を営んでおり、幼少期は南海選手から可愛がられていたと、皆川睦雄が野球中継解説時に語っている。
また実父は当時の監督であった鶴岡一人と懇意にしており、二軍選手はもちろんのこと、上記の皆川以外にも杉浦忠、穴吹義雄、野村克也らの主力選手もからもよく声をかけられていて、「功児、合宿所に遊びに来い」と度々誘いを受け、選手寮の食堂で選手たちと食事をともにするだけでなく、帰る前に湯船に浸かっていくこともあったという。

山本功児は日本の元プロ野球選手・指導者。 通称「偽コージ*1」「エカ」「エカ児」。 左投左打、ポジションは一塁手。背番号は44。 1951年12月25日、生まれ。兵庫県出身。 三田学園高等学校でセンバツに出場。卒業後、法政大学に進学。 本田技研鈴鹿を経て1976年、ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。王貞治がいたために主に左の代打として用いられる。7試合のみ4番を打った事もある。また、元祖珍プレーとなった宇野勝のヘディング事件の打者としても知られる。 1984年、三宅宗源との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。定位置を獲得し、打率3割を達成。 1988年、10.19ダブルヘッダーにも出場。同年、現役引退。オールスターに2度選出。地味な印象だが熱血漢。通算成績は、打率.277 64本塁打 369打点。引退後、ロッテオリオンズの打撃コーチに就任。 1993年、千葉ロッテマリーンズの二軍監督に就任。 1999年、千葉ロッテマリーンズの5代目監督を務める。同年には千葉移転後初の首位に踊り出るなど、「山本イズム」として一役有名となる。 2003年、千葉ロッテマリーンズを退団。 2004年、読売ジャイアンツ二軍ヘッドコーチに就任。 2005年、読売ジャイアンツ一軍ヘッドコーチ兼打撃コーチに昇格。選手・指導者として30年間ユニフォームを着用していた。 2006年、ラジオ日本、スポーツ報知の野球解説者に就任。 2016年4月23日、肝臓がんのため死去、64歳没。 *1:「本物」の山本浩二に対して「偽物」と言われた。 (引用元 Hatena Keyword)