芸能人・経営者のおくやみ情報

ハルドル・ラクスネス 氏Halldór Kiljan Laxness

作家[アイスランド]

1998年 2月8日 死去享年97歳

ハルドル・ラクスネス - ウィキペディアより引用

ハルドル・キリヤン・ラクスネス(Halldór Kiljan Laxness、正確な発音は[ˈhaltour ˈcʰɪljan ˈlaxsnɛs]、1902年4月23日 – 1998年2月8日)は、20世紀を代表するアイスランドの作家。
1955年にノーベル文学賞を受賞した。
ハルドール・ラックスネスと表記する資料もある。
生涯 レイキャヴィーク出身。
著作には詩、新聞記事、戯曲、寄稿、短編小説に加えて15作の長編小説がある。
高校を中退し、17歳の時に最初の小説"Barn náttúrunnar"(「自然の子」、未訳)を刊行。
カトリックに帰依し、ルクセンブルクにあるベネディクト会の修道院で神学を2年間学んだ。
キリヤン(Kiljan)の名はアイルランドの聖キリアン(Killian)の名をアイスランド語化したもの。
初期の秀作、1927年の"Vefarinn mikli frá Kasmír"(「カシミール出身の偉大な織り手」、未訳)にはシュルレアリスムとマルセル・プルーストの影響が顕著である。