芸能人・経営者のおくやみ情報

リータ・レーヴィ=モンタルチーニ 氏Rita Levi-Montalcini

神経学者[イタリア]

2012年 12月30日 死去享年104歳

リータ・レーヴィ=モンタルチーニ - ウィキペディアより引用

リータ・レーヴィ=モンタルチーニ(Rita Levi-Montalcini, 1909年4月22日 - 2012年12月30日)はイタリアの神経学者。
1986年に同僚のスタンリー・コーエンと共に、神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見の功績でノーベル生理学・医学賞を受賞した。
イタリア・トリノのセファルディムの家庭に生まれる。
「職歴は妻や母親となるのに邪魔になるだろう」と信じた父親の反対を押し切り1930年にトリノ大学に入学、組織学者ジュゼッペ・レーヴィのもとで医学を学び、1936年に卒業した。
しかし、彼女の学術的な経歴は、学術的職業からユダヤ人を追放するという1938年のムッソリーニの人種政策によって遮られた。
第二次世界大戦の間は、レーヴィとともにベルギーに移住。
彼女は、自宅で実験をし、彼女の後の研究の多くの基礎を築いたひよこの胎児中の神経繊維の成長の研究を行った。
1947年、彼女はアメリカ、セントルイスのワシントン大学動物学部の招待を受け入れ、Victor Hamburger教授の下で彼女の研究で最も重要な研究を行った。