芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンデル8世Alexander VIII

ローマ教皇[イタリア]

1691年 2月1日 死去享年82歳

アレクサンデル8世 - ウィキペディアより引用

『アレクサンデル8世 (ローマ教皇)』より : アレクサンデル8世(Alexander VIII、1610年4月22日 - 1691年2月1日)はローマ教皇(在位:1689年 - 1691年)。
本名はピエトロ・ヴィット・オットボーニ(Pietro Vitto Ottoboni)。
ヴェネツィアの名家の出身で、枢機卿を経て、ブレシアの司教となった。
フランス王ルイ14世の大使がインノケンティウス11世の死去後の教皇選挙での彼の選出を後押ししたのである。
そのようなフランスとの関係とは別にジャンセニスムに対しては厳しく、1682年にフランスの司教団によって出された「ガリカニスムの四か条」を断罪している。
彼の時代、教皇庁の財政は大規模な慈善活動と親族登用のゆきすぎによって破綻寸前であった。
しかし学問への関心が高かった教皇は、当時イタリアで暮らしていたスウェーデンのクリスティーナ女王からバチカン図書館のための書籍コレクションを購入している。
1691年2月1日に死去。

アレクサンデルはっせいAlexanderVIII [生]1610.4.22.ベネチア[没]1691.2.1.ローマベネチア出身の第241代教皇(在位1689~91)。本名PietroVitoOttoboni。裕福な家庭で生まれ,パドバ大学では優等であり,のちに教会法の専門家となった。1652年に枢機卿(→カーディナル),1654年にブレシアの司教,1689年10月に79歳で教皇に選出された。1682年,フランス聖職者会議がガリア主義の4条項を公布すると,これを断罪した。フランス国王ルイ14世(在位1643~1715)はアレクサンデル8世の死後2年後の1693年,空位となっている司教職を差配する権利を教皇に認めさせ,これらの条項を撤回した。これにより教皇とフランス国王の長年にわたる対立が解消にいたった。アレクサンデル8世は,救済には恩恵が必要であると主張する運動ジャンセニズムにも反対した。慈善事業には熱心に取り組み,教皇の資財をほぼ使い果たした。行き過ぎた親族登用でも知られた。 (引用元 コトバンク)