訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マックス・ヴェーバーMax Weber

社会学者、経済学者[ドイツ]

1920年 6月14日 死去肺炎享年87歳

マックス・ヴェーバー - ウィキペディアより引用
マックス・ヴェーバー(Max Weber、1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツの社会学者・経済学者である。
マックス・ウェーバーと表記されることもある(正式な名前はカール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー (Karl Emil Maximilian Weber)。
マックスはマクスィミリアンの省略形である)。
同じく社会学者・経済学者のアルフレート・ヴェーバーの兄である。
社会学の黎明期のコントやスペンサーに続く、第二世代の社会学者としてエミール・デュルケーム、ゲオルグ・ジンメルなどと並び称される。
略年譜 1864年 プロイセン王国エアフルトにて、父は政治家、母は上流階級出身の敬虔なプロテスタントの裕福な家庭に長男として生まれる。
1865年 2歳の時脳膜炎にかかり、華奢でひ弱な体に不釣り合いな大きい顔をしていた。
1869年 5歳の時、エルフルトからベルリンのシャルロッテンブルグ・ライプニッツ・シュトラーセへ引っ越した。
「家庭」から「社会」へ出た。
並外れて早熟だった。
1876年 12歳の時、マキャベリの『君主論』を読み、哲学書では、スピノザ、ショーペンハウエル、カントに進んだ。