訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

デヴィッド・リカードDavid Ricardo

経済学者[イギリス]

1823年 9月11日 死去享年52歳

デヴィッド・リカード - ウィキペディアより引用
デヴィッド・リカード(英: David Ricardo、1772年4月19日 - 1823年9月11日)は、自由貿易を擁護する理論を唱えたイギリスの経済学者。
各国が比較優位に立つ産品を重点的に輸出する事で経済厚生は高まる、とする「比較生産費説」を主張した。
労働価値説の立場に立った。
経済学をモデル化するアプローチを初めてとったことで体系化することに貢献し、古典派経済学の経済学者の中で最も影響力のあった一人であり、経済学のなかではアダム・スミスと並んで評される。
彼は実業家としても成功し、多くの財を築いた。
生涯 リカードは17人兄弟の3番目としてロンドンで生まれた。
彼の家はスペイン系およびポルトガル系のユダヤ人で、彼が生まれるほんの少し前に、オランダから英国へ移住して来た。
14歳のとき、リカードはロンドン証券取引所で父親エイブラハム・リカードの仕事に加わった。
21歳のとき、リカードは家族の正統派ユダヤ教の信仰を拒絶し、クエーカー教徒のプリシラ・アン・ウィルキンソンと駆け落ちする。

「デヴィッド・リカード」と関連する人物(故人)