芸能人・経営者のおくやみ情報

ドナルド・マクリーン 氏Donald Duart Maclean

イギリス外交官、ソ連のスパイ[イギリス→ソ連]

1983年 3月7日 死去享年71歳

ドナルド・マクリーン - ウィキペディアより引用

ドナルド・マクリーン(Donald Duart Maclean;1913年3月25日 - 1983年3月7日)は、イギリスの外交官、ソ連のスパイ。
ケンブリッジ5人組の1人。
「ワイゼ」、「スチュアート」、最後に「ゴメル」というコードネームが付けられた。
また、ソ連時代は、マルク・フレイゼル(Марк Фрейзер)と呼ばれ、S.マドゾエフスキー(С. Мадзоевский)のペンネームも用いている。
出自 ロンドンに生まれる。
父親は、ショートランド出身で、法学者、自由党の活動家であり、1931年~1932年まで文部大臣を務めた。
1920年~1931年まで全寮制学校で過ごし、1931年~1933年、ケンブリッジ大学で学んだ。
1932年、イギリス共産党に入党。
1933年~1934年、ロンドン大学で学んだ。
スパイ マクリーンは、学友のキム・フィルビーの仲介の下、1934年8月にソビエト諜報部に徴募された。
当初、彼自身は、自分の決断を迫りくるファシズムの認識にあったと説明した。
当時、ドイツ、イタリアだけではなく、イギリスでもファシズムが人気を獲得しつつあり、報道管制の敷かれていたソ連は、多くの知識人の目に魅惑的なものに映っていた。