訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

安丸良夫 氏(やすまるよしお)

歴史学者・日本近世近代史[日本]

2016年 4月4日 死去享年83歳

安丸 良夫(やすまる よしお、1934年(昭和9年)6月2日 - 2016年(平成28年)4月4日)は、日本の歴史学者。
専門は日本近世・近代史、宗教思想史。
一橋大学名誉教授。
著書神々の明治維新では、全国各地の氏神を祀ってきた神社に記紀の皇統神を合祀し、国による組織化を進めるなど、それまでの民衆の信仰とはかなり違う性質のものとなったと主張している。
1934年6月2日 富山県東礪波郡高瀬村(現南砺市)に生まれる 1947年 高瀬小学校(現南砺市立井波小学校)卒業 1950年 井波中学校卒業 1953年 富山県立福野高等学校卒業 1957年 京都大学文学部史学科卒業(国史学専攻) 1959年 京都大大学院文学研究科修士課程修了(国史学専攻) 1962年 京都大大学院文学研究科博士課程単位取得退学(国史学専攻) 1962年 名城大学法商学部専任講師 1966年 同助教授 1970年 一橋大学社会学部助教授 1977年 同教授 1980年 カリフォルニア大学バークレー校にて研修 1996年 コロンビア大学にて研修 1998年 一橋大学を定年退官し、同大名誉教授 1997年4月 早稲田大学大学院文学研究科客員教授 2005年3月 同大学を定年退職 また日本福祉大学、静岡大学、高知大学、山口大学、琉球大学、熊本大学、千葉大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、富山大学、大谷大学で教鞭をとった。

「安丸良夫」と関連する人物(故人)