芸能人・経営者のおくやみ情報

フランツ・エッケルトFranz Eckert

作曲家[ドイツ]

1916年 8月6日 死去享年65歳

フランツ・エッケルト - ウィキペディアより引用

フランツ・エッケルト(Franz Eckert、1852年4月5日 - 1916年8月6日)は、明治時代の日本で活動したドイツの作曲家。
プロイセン王国ニーダーシュレージエン地方のノイローデ(現在のポーランド ドルヌィ・シロンスク県ノヴァ・ルダ)に生まれ、ブレスラウとドレスデンの音楽学校に学んだ。
1879年に来日する。
1880年、奥好義・林廣守作曲、林廣守撰定の「君が代」に伴奏、和声を付けた。
以後、日本を離れるまで、海軍軍楽隊、音楽取調掛、宮内省式部職、陸軍戸山学校その他、洋楽教育機関のほとんどすべてにかかわった。
1897年、英照皇太后の大喪の礼のために『哀の極』(かなしみのきわみ)を作曲した。
海軍は明治初年の創設以来英国式の軍制を採って来たが、音楽に関しては、当初のフェントンによる英国軍楽隊方式から、エッケルトの着任以来、ドイツ式の理論や教育が浸透した。
1899年、離日する。
のち朝鮮半島に渡り、李王朝の音楽教師となるが、日韓併合後は野に下る。
京城(現ソウル)で客死した。
墓所は現在も韓国国内にある。
栄典 45px 1883年(明治16年)12月28日 - 勲六等旭日単光章 脚注 ディスク 『明治の唱歌とエッケルトの仕事』 藍川由美歌、野坂惠子箏、小宮瑞代箏、カメラータ、2006年。