芸能人・経営者のおくやみ情報

望月三起也 氏(もちづきみきや)

漫画[日本]

(別名義 : 牧英三郎、M・ハスラー)

2016年 4月3日 死去肺腺がん享年79歳

望月三起也 - 漫画家

望月三起也(もちづき みきや、1938年12月16日 - 2016年4月3日)は、日本の漫画家。
別名に、牧 英三郎、M・ハスラー。
神奈川県横浜市出身。
高校卒業後、建設会社に入社するが、漫画家になる為に1年で退社。
1960年に『特ダネを追え』(講談社『少年クラブ』お正月臨時増刊)でデビュー後、堀江卓・吉田竜夫のアシスタントを勉める。
1962年に、吉田竜夫が弟の吉田健二、九里一平と漫画専門のプロダクションとして創設したタツノコプロダクションに参加。
1964年に、日本版「007」ともいうべき『秘密探偵JA』を『少年キング』に連載、ヒットさせる。
『秘密探偵JA』の連載終了後の1969年からは、悪人が白バイを操る警察官になって悪人を問答無用で裁くというストーリーの『ワイルド7』を『少年キング』に連載。
前作をはるかに上回る大ヒットになり、1972年にテレビドラマ化された。
『ワイルド7』は1979年に連載を終了したが、その後、要望に応えて『新ワイルド7』、『続・新ワイルド7』、『飛葉』等の続編を発表。

日本のマンガ家。1938年生まれ、神奈川県横浜市出身。高校卒業後、会社勤務を経てマンガ家のアシスタントとなり、60年に講談社発行の「少年クラブ」掲載の「特ダネを追え」でマンガ家デビュー。64年、「少年キング」で連載した『秘密探偵JA』が人気を博す。69年に連載開始した、犯罪の限りを尽くした極道が一転して白バイの警察官になり、バイクを操って問答無用で悪をたたく「ワイルド7」が大ヒット、同作品は72年にテレビドラマ化され、2011年には映画化された。肺にがんが見つかり、創作活動を続けながら闘病生活を送っていたが、16年4月3日、肺腺がんのため死去。享年77。 (2016-4-5) (引用元 コトバンク)

「望月三起也」と関連する人物(故人)