芸能人・経営者のおくやみ情報

チェーザレ・マルディーニ 氏Cesare Maldini

元男子サッカー選手、監督[イタリア]

2016年 4月3日 死去享年85歳

チェーザレ・マルディーニ - 元男子サッカー選手、監督

チェーザレ・マルディーニ(Cesare Maldini、1932年2月5日 - 2016年4月3日)は、イタリア・トリエステ出身の元同国代表サッカー選手、監督。
元イタリア代表のパオロ・マルディーニは息子である。
1952年に地元のクラブチーム・トリエスティーナでキャリアをスタート。
1954年にACミランへ移籍し、チームの中心選手、またキャプテンとして活躍。
1963年にはヨーロピアン・カップで優勝を果たしてイベリア半島から最初にビッグイヤーを持ち出した際のキャプテンとなった。
(それまでレアル・マドリードの5連覇とベンフィカの2連覇と、スペインとポルトガルのクラブで独占していた) 1967年、トリノに在籍したのを最後に現役を引退。
以降は指導者としての道を歩み、若手の育成に力を注いだ後、パルマACやACミランの監督を務め、イタリア代表監督として1998 FIFAワールドカップフランス大会、パラグアイ代表監督として2002 FIFAワールドカップ日本・大韓民国大会でチームの指揮を執った。

Cesare Maldini イタリア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 1932年2月5日生まれ。 パオロ・マルディーニの実父。 現役時代のポジションはディフェンダー。 ACミランなどに在籍し、イタリア代表としても活躍した。 1998年FIFAワールドカップでイタリア代表の監督、2002年の同大会でパラグアイ代表の監督を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)