芸能人・経営者のおくやみ情報

ローレンス・ブラッグ 氏William Lawrence Bragg

物理学者[オーストラリア→イギリス]

1971年 7月1日 死去享年82歳

ローレンス・ブラッグ - ウィキペディアより引用
ウィリアム・ローレンス・ブラッグ(William Lawrence Bragg、1890年3月31日 - 1971年7月1日)は、オーストラリア生まれのイギリスの物理学者。
現代結晶学の創始者のひとり。
X線回折を用いて物質の構造を研究した。
1915年、父であるヘンリー・ブラッグと共にノーベル物理学賞を受賞。
キャヴェンディッシュ研究所所長を務めていた1953年2月、同研究所のジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックがDNAの構造を解明した。
生涯 学生時代まで オーストラリアのアデレードに生まれる。
感受性の強い少年で、科学と数学に早くから興味を示した。
父はアデレード大学で物理学と数学の教授を務めていたヘンリー・ブラッグ。
5歳のときに三輪車で転んで腕を骨折し、父がその直前に知ったヴィルヘルム・レントゲンによるX線の発見を思い出し、検査に用いた。
これはオーストラリアにおけるX線の医学的応用の最初の例という。
ブラッグは優秀な学生だった。
1904年、14歳でアデレード大学に進学し、数学・化学・物理学を学び、1908年に卒業。
  • 題名
    結晶学概論
    著者
    ウィリアム・ローレンス・ブラッグ
    発売元
    岩波書店
    発売日
    1978-04
    新品価格
    より
    中古商品
    より