訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ネヴィル・チェンバレンArthur Neville Chamberlain

政治家首相[イギリス]

1940年 11月9日 死去胃がん享年72歳

ネヴィル・チェンバレン - ウィキペディアより引用
アーサー・ネヴィル・チェンバレン (英語: Arthur Neville Chamberlain 1869年3月18日 - 1940年11月9日) は、イギリスの政治家。
首相(在任:1937年5月28日 - 1940年5月10日)。
生涯 生い立ち バーミンガム市長や植民地大臣などを歴任したジョゼフ・チェンバレンを父としてバーミンガムのサウスボーンで生まれる。
外相時代にロカルノ条約を締結し、ノーベル平和賞を受賞したオースティン・チェンバレンは異母兄にあたる。
6歳の時に母親が死去した。
ラグビー校で教育を受け、さらにメイソン・サイエンス・スクール(バーミンガム大学の前身)でも学び、科学と冶金学(金属工学)の学位を得て、卒業後は監査法人に就職した。
一方で父ジョゼフが経営していたイギリスの植民地のバハマの農園へ派遣され、そこで長く農園経営も行った。
政治経歴 その後実業界で成功を収め、この時に得た名声を後ろ盾として1911年にバーミンガム市議に立候補し当選し、1915年には父同様バーミンガム市長となる。

↑ PAGE TOP