訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ニコラ・ルイ・ド・ラカーユAbbé Nicolas-Louis de Lacaille

文学者[フランス]

1762年 3月21日 死去享年50歳

ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ - ウィキペディアより引用
ニコラ=ルイ・ド・ラカーユ(ラカイユ、Abbé Nicolas-Louis de Lacaille、1713年3月15日 - 1762年3月21日)は、フランスの天文学者。
科学に興味を持ち、ジャック・カッシーニの援助により職を得る。
最初はナント-バイヨンヌ間の海岸沿いの測量に従事し、その後1739年にフランスの子午線弧長の再測定を行った。
カッシーニが1718年に発表した不正確な結果を改定することとなった、2年という期間を要したこの困難な仕事の成功には、彼の技能によるところが大きい。
この仕事がフランス科学アカデミーに認められるところとなり、アカデミー委員とコレージュ・マザランの数学教授に任命される。
その後南天観測の希望を申し出て、1751年から1752年(観測期間は諸説あり)まで、喜望峰(ケープタウン)に滞在し、南天の約10,000の恒星(42の星雲を含む)を観測した。
1756年に約2,000の恒星のカタログと、それを記した星図を作成した(フランス語)。
そこで、のちに標準的に使われるようになった南天の14の新しい星座を設定した。

↑ PAGE TOP