芸能人・経営者のおくやみ情報

宮田亮 氏(みやたあきら)

元東海ゴム工業〈現・住友理工〉社長[日本]

2016年 3月4日 死去膀胱がん享年82歳

宮田 亮平(みやた りょうへい、1945年6月8日 - )は、日本の金属工芸家、第22代文化庁長官、第9代東京藝術大学学長。
新潟県佐渡市出身。
佐渡に伝わる金属工芸「蝋型鋳金」技術保持者の二代目宮田藍堂(みやた らんどう)の三男。
初代藍堂は祖父、三代目藍堂は長兄で元・東京藝術大学工芸科教授の宮田宏平(1926年 - 2007年)。
兄二人、姉四人を持ち、家族全員が東京芸術大学卒の芸術家一家に育つ。
長女は金属工芸家の宮田琴(東京芸術大学工芸科卒)。
金属工芸家の山下恒雄(やました つねお、元・東京藝術大学工芸科教授)の弟子。
東京芸術大学工芸科教授として鍛金技法研究の指導に当たる一方、金属工芸家としても世界的に活動し、日本のみならずドイツ・イスラエル・韓国・中国などで展覧会が催されている。
代表作にイルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある。
宮田が故郷の佐渡島から上京する際、フェリー船上から見たイルカの群れをモチーフとしたシリーズである。
シュプリンゲンは三越日本橋本店新館エンブレムに採用されている。