訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ユルバン・ルヴェリエUrbain Jean Joseph Le Verrier

数学者文学者[フランス]

1877年 9月23日 死去享年67歳

ユルバン・ルヴェリエ - ウィキペディアより引用
ユルバン・ジャン・ジョセフ・ルヴェリエ(Urbain Jean Joseph Le Verrier、1811年3月11日 - 1877年9月23日)はフランスの数学者、天文学者。
未発見であった海王星の位置を計算によって予言した。
生涯 1811年、フランス西部マンシュ県のサン=ローで生まれた。
エコール・ポリテクニークではゲイ=リュサックに化学を学んでいる。
後に天文、特に天体力学に専攻を移し、生涯の大部分を過ごすこととなるパリ天文台に職を得た。
彼は、1854年から1870年と、1873年から1877年に他界するまでの2回パリ天文台の台長となっている。
1847年、王立協会外国人会員選出。
業績 海王星の発見 ルヴェリエの最も有名な業績は海王星発見への貢献である。
パリ天文台長の数学者フランソワ・アラゴの勧めによって、ルヴェリエは天王星の軌道運動の観測結果とケプラーの法則やニュートン力学から予言される運動との間の矛盾を説明するための計算を行った。

↑ PAGE TOP