芸能人・経営者のおくやみ情報

ロレンツォ・ダ・ポンテLorenzo Da Ponte

詩人脚本家[イタリア]

1838年 8月1日 死去享年90歳

ロレンツォ・ダ・ポンテ - ウィキペディアより引用

ロレンツォ・ダ・ポンテ(Lorenzo Da Ponte, 1749年3月10日 - 1838年8月1日)は、イタリアの詩人で台本作家。
モーツァルトの3つのオペラの台本を書いたことで知られている。
生涯 ダ・ポンテはヴェネト州のチェネダでユダヤ人の家系に生まれた。
元の名前はエマヌエーレ・コネリアーノ(Emanuele Conegliano)であった。
1763年に一家はキリスト教に改宗して、洗礼を行った司教ロレンツォ・ダ・ポンテの姓を名乗り、エマヌエーレの名前をロレンツォとした。
ダ・ポンテはのちに聖職に就き、ヴェネツィアで暮らした。
しかし、放蕩生活を送ったために1779年にヴェネツィアから追放された。
ウィーンに移住したダ・ポンテは、アントニオ・サリエリの口利きによって台本作家としての能力を認められ、ヨーゼフ2世の宮廷で詩人としての職を得た。
何年もの間、オペラのイタリア語台本を作成する仕事を続け、さまざまな音楽家に膨大な数の台本を提供して成功を収めた。
1785年にはダ・ポンテの台本にサリエリとモーツァルトらが曲をつけた「オフィーリアの健康回復に寄せて」が作られている。

「ロレンツォ・ダ・ポンテ」と関連する人物(故人)