芸能人・経営者のおくやみ情報

ダーヴィト・ファブリツィウスDavid Fabricius

文学者、牧師[ドイツ]

1617年 5月7日 死去享年54歳

ダーヴィト・ファブリツィウス(David Fabricius、1564年3月9日 - 1617年5月7日)は、16世紀生まれのドイツの牧師、天文学者。
天体観測に望遠鏡が使われ始めた時代に、黒点の発見などの発見で知られる。
ドイツ語名はダーヴィト・ファーベル (David Faber) かダーヴィト・ゴルトシュミットで、ファブリツィウスはラテン語名である。
ドイツ北西部の生地 Esens(ニーダーザクセン州ヴィットムント郡)の近くの小さい町(1584年にはResterhaave、1603年にはOsteel)の牧師であった。
教会の仕事のほかに科学の研究を行い、特に天文学に興味があった。
ファブリツィウスは1596年8月に周期変光星であるミラを発見したことで知られる。
これは新星、超新星を除けば明るさの変わる星が初めて発見されたことになった。
当時、周期的に明るさの変化する天体は知られていなかったので、はじめミラも新星の一つであると考えられたが、1609年に再び、明るさを増したことからこれが新しい種類の星であることが明らかになった。

「ダーヴィト・ファブリツィウス」と関連する人物(故人)