芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・マーシャル 氏George Catlett Marshall

陸軍元帥、政治家[アメリカ]

1959年 10月16日 死去享年80歳

ジョージ・マーシャル - ウィキペディアより引用

『ジョージ・C・マーシャル』より : ジョージ・キャトレット・マーシャル・ジュニア(英語: George Catlett Marshall, Jr.、1880年12月31日 - 1959年10月16日)は、アメリカ合衆国の陸軍軍人、政治家。
最終階級は元帥。
第二次世界大戦中の陸軍参謀総長としてアメリカを勝利に導き、戦後はマーシャル・プランによってヨーロッパ復興を指導した。
ウェストポイント以外の出身者として異例の出世をしている。
軍人 ペンシルベニア州ユニオンタウン市に生まれる。
1901年]]にヴァージニア軍事大学を卒業し、陸軍に入隊。
フィリピン勤務等を経て1917年には少佐となり、第1歩兵師団作戦・教練担当参謀としてフランスに派遣される。
1918年、ヨーロッパ派遣軍最高司令部勤務となり、作戦計画担当参謀として活躍。
1919年には大佐に昇進し、ヨーロッパ派遣軍総司令官ジョン・パーシング大将の副官となったが大した軍功を立てることもなかった。
第一次世界大戦終結頃には上層部から軍人としての才覚に欠けていたと見なされ1920年には少佐に降格される。

(George Catlett Marshall, 1880年12月31日 - 1959年10月16日) ジョージ・キャトレット・マーシャル アメリカ合衆国の陸軍軍人、政治家。最終階級は元帥。 第二次世界大戦中の陸軍参謀総長としてアメリカを勝利に導き、1947年に国務長官就任。「マーシャル・プラン」によってヨーロッパ復興計画を指導し、中華人民共和国の建国にも貢献した。朝鮮戦争中の1950年9月には国務長官(第3代)となるが、翌年9月に辞任し、公務を引退した。「マーシャル・プラン」の立案・実行により、1953年には「ノーベル平和賞」を受賞。 (引用元 Hatena Keyword)