芸能人・経営者のおくやみ情報

クレア・トレヴァー 氏Claire Trevor

女優[アメリカ]

2000年 4月8日 死去享年91歳

クレア・トレヴァー - ウィキペディアより引用

クレア・トレヴァー(Claire Trevor, 1910年3月8日 - 2000年4月8日)は、アメリカ合衆国の女優。
ニューヨーク市ブルックリン区出身。
両親はアイルランド及びフランス系アメリカ人。
父は紳士服の卸問屋を営んでいた。
コロンビア大学で演技を学んだ後に、ブロードウェイの舞台に立つ。
西部劇やハードボイルド映画によく出演し、ジョン・ウェイン、ウィリアム・ホールデン、クラーク・ゲーブルなどの相手役を務めた。
映画だけでなく、舞台・ラジオ・テレビなどで70年間も活躍した。
主にB級映画のヒロインを務める事が多かった。
1948年の『キー・ラーゴ』でアカデミー助演女優賞を獲得している。
また、1956年にはテレビシリーズ"Dodsworth"でエミー賞も受賞。
カリフォルニア大学アーバイン校では、彼女の貢献を称えて芸術スクールに彼女の名がつけられている。
主な出演作品 受賞歴 アカデミー賞 受賞 1949年 アカデミー助演女優賞:『キー・ラーゴ』ノミネート 1938年 アカデミー助演女優賞:『デッドエンド』 1955年 アカデミー助演女優賞:『紅の翼』 外部リンク Claire Trevor - インターネット・ムービー・データベース(英語) クレア・トレヴァー - インターネット・ブロードウェイ・データベース(英語) Claire Trevor School of the Arts。

Clair Trevor アメリカの映画女優。  1910年3月8日、ニューヨーク生まれ。本名クレア・ウェムリンガー。  「フィルム・ノワールの女王」と呼ばれた。  2000年4月8日没。 主な映画出演作: ダンテの地獄篇 (1935) 犯罪王(1937) デッドエンド (1937) 犯罪博士(1938) 駅馬車 (1939) アリゲニー高原の暴動(アレゲニーの叛乱)(1939) 暗黒の命令(1940) 掠奪の町(1941) ブロンドの殺人者?(1944) 生まれながらの殺し屋(1947) ひどい仕打ち Raw Deal(1948) キー・ラーゴ? (1948) ベーブ・ルース物語 (1948) 暴力帝国(1952) 紅の翼 (1954) 星のない男(1955) 山(1956) 明日になれば他人 (1962) 女房の殺し方教えます (1965) キスミー・グッバイ(1982) (引用元 Hatena Keyword)