訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ニセフォール・ニエプスJoseph Nicéphore Niépce

発明家[フランス]

1833年 7月5日 死去享年69歳

ニセフォール・ニエプス - ウィキペディアより引用
ジョセフ・ニセフォール・ニエプス(Joseph Nicéphore Niépce、1765年3月7日 - 1833年7月5日)はフランスの発明家。
写真技術の先駆者であり、最初の写真画像を作ることに成功した。
1825年にニエプスによって撮られた写真は、現存する世界最古のものである。

File:Nicéphore Niépce Oldest Photograph 1825.jpg thumb right 165px 『Un cheval et son conducteur』(馬引く男)、1825年ごろに版画を撮影したものとされる
彼はフランス中部、ソーヌ=エ=ロワール県のシャロン・シュル・ソーヌ(Chalon-sur-Saône)で地主の家に生まれた。

1798年、アロイス・ゼネフェルダーにより化学反応を利用した石版印刷(リトグラフ)が発明され、ヨーロッパで石版画が急速に流行した。
微妙な筆遣いの再現が可能で、しかも制作が早くて簡単なリトグラフにより、風景画や風刺画などを大量に印刷し出版することができるようになり、草創期のマスメディアとも結びついて石版画工房が多数誕生した。

↑ PAGE TOP