訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

クレメンス13世Papa Clemens XIII

ローマ教皇[イタリア]

1769年 2月2日 死去享年77歳

クレメンス13世 - ローマ教皇
『クレメンス13世 (ローマ教皇)』より : クレメンス13世(Papa Clemens XIII, 1693年3月7日 - 1769年2月2日)はローマ教皇(在位:1758年7月6日 - 1769年2月2日)、カトリック教会の司祭。
本名は、カルロ・デラ・トーレ・レッツォニコ(Carlo della Torre Rezzonico)。
ヨーロッパ列強とイエズス会の間で板ばさみになって苦悩した。
生涯 カルロ・レッツニコはヴェネツィアの貴族の家に生まれた。
ボローニャでイエズス会学校に学び、1737年に枢機卿にあげられた。
教皇庁でのキャリアを積み、1758年7月6日に教皇に選出され、クレメンス13世を名乗った。
温和な性格で知られた彼の治世は、イエズス会を迫害しようとする諸国からの圧力に苦しめられる。
フランスの啓蒙主義者たちやスペイン王室、両シチリア王国王室、さらにポルトガル王室までがイエズス会を弾圧していた。
1758年ポルトガルの改革者ジョゼ1世が側近のポンバル侯と共に、「教皇への贈り物」としてイエズス会員をチヴィタヴェッキアに追放した。

↑ PAGE TOP