芸能人・経営者のおくやみ情報

クレメンス13世Papa Clemens XIII

ローマ教皇[イタリア]

1769年 2月2日 死去享年77歳

クレメンス13世 - ローマ教皇

『クレメンス13世 (ローマ教皇)』より : クレメンス13世(Papa Clemens XIII, 1693年3月7日 - 1769年2月2日)はローマ教皇(在位:1758年7月6日 - 1769年2月2日)、カトリック教会の司祭。
本名は、カルロ・デラ・トーレ・レッツォニコ(Carlo della Torre Rezzonico)。
ヨーロッパ列強とイエズス会の間で板ばさみになって苦悩した。
生涯 カルロ・レッツニコはヴェネツィアの貴族の家に生まれた。
ボローニャでイエズス会学校に学び、1737年に枢機卿にあげられた。
教皇庁でのキャリアを積み、1758年7月6日に教皇に選出され、クレメンス13世を名乗った。
温和な性格で知られた彼の治世は、イエズス会を迫害しようとする諸国からの圧力に苦しめられる。
フランスの啓蒙主義者たちやスペイン王室、両シチリア王国王室、さらにポルトガル王室までがイエズス会を弾圧していた。
1758年ポルトガルの改革者ジョゼ1世が側近のポンバル侯と共に、「教皇への贈り物」としてイエズス会員をチヴィタヴェッキアに追放した。

クレメンスじゅうさんせいClemensXIII [生]1693.3.7.ベネチア[没]1769.2.2.ローマベネチア出身の第248代教皇(在位1758~69)。本名CarlodellaTorreRezzonico。ボローニャのイエズス会学校で学んだのち教会の要職を歴任し,1737年に枢機卿(→カーディナル)に叙任され,1758年7月に教皇に選出された。在位時は,ヨーロッパ諸王の間で反カトリックの姿勢が鮮明になった時代だった。ブルボン家はイエズス会の壊滅を策謀し,ドイツではフランスのガリア主義に相当する,教皇の権限の制限を説く思想フェブロニアニスムが拡大していた。クレメンス13世は,ジャンセニズムの信奉者やフリーメーソンと手を組んだブルボン家からイエズス会を守ることに尽力した。イエズス会は1759年にポルトガルから,1764年にフランス領から,1767年にスペイン領から追放され,所領は没収され,インド,極東,南北アメリカでの伝道も途絶した。1769年1月,スペイン,ナポリ,フランスの各国大使からイエズス会の活動を全世界で完全に禁ずるよう迫られ,処遇を討議する教会会議を計画したが,脳卒中のため会議の開催前に急死した。 (引用元 コトバンク)