訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャック・バビネJacques Babinet

物理学者数学者文学者[フランス]

1872年 10月21日 死去享年79歳

ジャック・バビネ - ウィキペディアより引用
ジャック・バビネ(Jacques Babinet、 1794年3月5日 - 1872年10月21日) はフランスの物理学者、数学者、天文学者である。
光学の分野などの業績で知られる。

フランス中部ヴィエンヌ県のリュジニヤン(Lusignan)で生まれた。
初め法律を学んだが、科学に転じた。
パリ大学 ソルボンヌ大学、コレージュ・ド・フランスの教授を務め、1840年に科学アカデミー (フランス) パリ王立科学アカデミーの会員に選ばれた。
経度局(Bureau des Longitudes)の司書を務めた後、天文学者としてパリ天文台に勤務した。

バビネの業績には、1827年にカドミウムからの赤色の光の波長によって、オングストロームの長さの定義を標準化したこと、光の回折における、バビネーの原理、すなわち回折をおこさせるスクリーンのパターンが完全に逆の2つのスクリーンは同じ回折パターンを生じることを示した。
光の波長を長さの標準として用いる提案をしたのはバビネーであり、このアイデアは後に長さの標準として実際に用いられた。

↑ PAGE TOP