芸能人・経営者のおくやみ情報

ジェームズ・トービン 氏James Tobin

経済学者[アメリカ]

2002年 3月11日 死去享年85歳

ジェームズ・トービン(James Tobin、1918年3月5日 - 2002年3月11日)は、アメリカ合衆国の経済学者。
ジョン・メイナード・ケインズの考えを支持し、マネタリストと財政・金融政策で論争している。
また、投資や金融市場に関する研究でも業績を残し、投機的な通貨取引に課税するトービン税や、会社の資産と市場での評価を測る指標として知られるトービンのq理論で知られる。
1918年 父Louis Michael Tobinと母Margaret Edgerton Tobinの間にイリノイ州シャンペン市に生まれる。
イリノイ大学付属高校で学ぶ。
1935年 ハーバード大学入学。
1936年 出版されたばかりの『一般理論』を、大学院生でチューターであったスペンサー・ポラード(労働経済学)と一緒に読んだ。
1939年 ハーバード大学卒業(学士号)。
1940年 MA(修士号)。
4年間海軍で勤務後、ハーバード大学に戻る。
1947年 Ph.D.(博士号)。
1947年 ハーバード大学のSociety of Fellows(3年間)に選ばれ、ジュニア・フェローとなる。