芸能人・経営者のおくやみ情報

井川忠雄(いかわただお)

大蔵官僚、産業組合中央金庫理事[日本]

1947年 2月18日 死去享年55歳

井川忠雄 - ウィキペディアより引用

井川 忠雄(いかわ ただお、男性、1893年2月15日 – 1947年2月18日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
太平洋戦争開戦前、日米民間人交渉に携わった人物として知られる。
島根県出身。
(旧制)仙台一中、一高、1917年東京帝国大学法科大学政治科を卒業後、大蔵省に入省。
近衛文麿と近しく、近衛や後藤隆之助らが設立した「昭和研究会」の初期のメンバーでもあった。
1936年、門司税関長を最後に退官し、産業組合中央金庫(現・農林中央金庫)理事となった。
1940年、ニューヨーク州のカトリック外国伝道協会のウォルシュ、ドラウト両神父が井川のもとを訪れ、日米国交の調整問題について意見交換を行ったことを契機に、陸軍省の岩畔豪雄大佐とともに日米交渉を進め「日米諒解案」を作成するが、蚊帳の外に置かれていた松岡洋右外相の逆鱗に触れ、事実上握り潰された。

「井川忠雄」と関連する人物(故人)