芸能人・経営者のおくやみ情報

パウルス3世Paulus III

ローマ教皇[イタリア]

(ユリウス暦) 1549年 11月10日 死去享年82歳

パウルス3世 - ウィキペディアより引用

『パウルス3世 (ローマ教皇)』より : パウルス3世(Paulus III、1468年2月29日 - 1549年11月10日)は第220代ローマ教皇(在位:1534年 - 1549年)。
本名はアレッサンドロ・ファルネーゼ(Alessandro Farnese)。
イエズス会を認可し、プロテスタント側との対話を求め、教会改革を目指してトリエント公会議を召集した事で知られる。
生涯 教皇選出前 アレッサンドロ・ファルネーゼはトスカーナのカニーノに生まれる。
母は教皇ボニファティウス8世も輩出したカエターニ家の出身であった。
アレッサンドロは元々ローマやフィレンツェでウマニスタ(人文主義者)として知られ、インノケンティウス8世時代の教皇庁で頭角を現しつつあったが、妹ジュリアがアレクサンデル6世の愛人となったという事情もあり大抜擢され、1493年に枢機卿になった。
教皇クレメンス7世時代にはポルトゥスの司教枢機卿、教皇庁立大学の学長になり、クレメンス7世没後のコンクラーヴェで教皇に選出され、パウルス3世を名乗った。

パウルスさんせいPaulusIII [生]1468.2.29.カニノ[没]1549.11.10.ローマカニノ出身の第220代教皇(在位1534~49)。本名AlessandroFarnese。最後のルネサンス教皇であり,反宗教改革を指導した最初の教皇。貴族出身で,ロレンツォ・デ・メディチのもとで教育を受け,1493年助祭枢機卿(→カーディナル)となり,1534年10月に教皇に選出された。親族を重用し奢侈を好む野心家だったが,優秀な人材を枢機卿に任じ,時代の要請にこたえて改革を推進した。1538年,イギリス国教会(→アングリカン・チャーチ)首長となることを宣言した国王ヘンリー8世を破門。新興修道会の設立を促し,1540年にはイエズス会を認可した。1542年には宗教裁判組織を改革し,1545年にはトリエント公会議を開催した。学問と芸術の保護者としてローマ大学を補修,バチカン図書館を整備し,またミケランジェロにはシスティナ礼拝堂に祭壇壁画『最後の審判』を描かせ,サン・ピエトロ大聖堂の建築計画を完結させた。 (引用元 コトバンク)