芸能人・経営者のおくやみ情報

レオニート・カントロヴィチ 氏Leonid Vitaliyevich Kantorovich

数学者経済学者[ソ連]

1986年 4月7日 死去享年75歳

レオニート・カントロヴィチ - ウィキペディアより引用

レオニート・ヴィタリエヴィチ・カントロヴィチ(Leonid Vitaliyevich Kantorovich、ロシア語: Леонид Витальевич Канторович、1912年1月19日 - 1986年4月7日)はロシアの数学者・経済学者。
1912年 サンクトペテルブルクでユダヤ人の家庭に生まれる。
父は医師として活動していた。
1930年 レニングラード大学(現サンクトペテルブルク大学)の数学科を卒業する。
1934年~1960年 レニングラードの教授となる。
1939年 軍部工学専門大学の教授となる。
レニングラード攻囲の間、海軍のVITUの教授となり、‘the Road of Life’(凍ったラドガ湖を渡って冬に車で輸送する氷の道)の安全性を担当した。
1941年12月から1942年1月にかけて、カントロヴィチは自らラドガ湖氷上の車列の間を歩き、理論の正しさを確認した。
しかし、攻囲の生存者用の食糧を乗せた多くの自動車は、ドイツの空爆によって破壊された。
後に、カントロヴィチはthe Order of the Patriotic Warを授与され、レニングラード防御のためメダルを叙勲された。

「レオニート・カントロヴィチ」と関連する人物(故人)