訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・ボーデJohann Elert Bode

文学者[ドイツ]
1826年 11月23日 死去享年80歳
ヨハン・ボーデ - ウィキペディアより引用
ヨハン・エレルト・ボーデ(Johann Elert Bode, 1747年1月19日 - 1826年11月23日)は、ドイツの天文学者である。
ティティウス・ボーデの法則を紹介し広めたこと、天王星の軌道を決定し名前を提案したことで知られる。
また、ボーデの銀河 (M81) を発見した。
1747年1月19日、ハンブルクで生まれた。
1772年、シャルル・ボネ『自然の思想』第2版のヨハン・ティティウスによる訳注でティティウス・ボーデの法則を知り、自分の『星空の知識入門』第2版に脚注として書き加えた(細部については異説あり)。
ボーデが発見者はティティウスだと言わなかったこと、論文や学会でも発表し広めたこと、のちに彼が有名になったことにより、この法則はボーデの法則として知られるようになったが、現在ではティティウス・ボーデの法則と言うことも多い。
1774年、星雲(のちに銀河に分類)M81とM82を発見。
1786年~1825年、ベルリン天文台長を務める。
1801年、星図『ウラノグラフィア』(Uranographia) を出版した。

↑ PAGE TOP