訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ソフィア・コワレフスカヤSofia Vasilyevna Kovalevskaya

数学者[ロシア]

1891年 2月10日 死去享年42歳

ソフィア・コワレフスカヤ - ウィキペディアより引用
ソフィア・ヴァシーリエヴナ・コワレフスカヤ(ロシア語: Со́фья Васи́льевна Ковале́вская、ローマ字表記 Sofia Vasilyevna Kovalevskaya 、1850年1月15日(ユリウス暦1月3日)モスクワ - 1891年2月10日(ユリウス暦1月29日)ストックホルム)は、ロシア帝国の数学者。
愛称はソーニャ、コワレフスカヤはコヴァレフスカヤとも訳される。
旧姓はコールヴィン=クルコーフスカヤ(Корвин-Круковская)。
ロシアでは初めて、ヨーロッパを含めても3番目に大学教授の地位を得た女性である。
ちなみに1番目はラウラ・バッシ、2番目はマリア・ガエターナ・アニェージで、いずれもイタリア人である。
家族 1850年、モスクワで生まれる。
父はロシア帝国軍の砲兵隊将校(のちに陸軍中将)ヴァシーリイ・ヴァシーリエヴィチ・コールヴィン=クルコーフスキー(1800年 - 1874年)であった。

↑ PAGE TOP