芸能人・経営者のおくやみ情報

ベルト・モリゾBerthe Morisot

画家[フランス]

1895年 3月2日 死去享年55歳

ベルト・モリゾ - ウィキペディアより引用

ベルト・モリゾ(Berthe Morisot、1841年1月14日 - 1895年3月2日)は、マネの絵画のモデルとしても知られる、19世紀印象派の女性画家。
モリゾの画風は自然の緑を基調としたものが多く、穏やかで、母子の微笑ましい情景などが特徴的である。
男性中心の19世紀における女性画家ということもあって、フェミニズム研究でのアプローチが多い。
初期 ベルト・モリゾはブールジュでシェール県官吏の子として生まれた。
ベルトと姉のエドマ・モリゾは二人とも画家の道を志した。
モリゾ家はロココ時代の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの家系であると言われている。
20歳の時から姉と共にバルビゾン派のジャン=バティスト・カミーユ・コローに師事。
戸外での制作をはじめる。
ベルトとエドマは共に画学生として励んでいたが、エドマの方は結婚して子供ができたために画家への道を諦めた。
二人の間にやり取りされた手紙には親愛の情があふれ、またベルトの方はエドマが絵を描くことを辞めざるを得なかったことを残念に思う気持ちが読み取れる。

ベルト・モリゾ(Berthe Morisot) 女性。1841年フランスのブールジュに生まれる。1895年没。 印象派画家の一人であり、同時に美術史において数少ない女性画家である。 非常に美しいパステルカラーの色合いや対象物を写真の一風景のように捉える構図、確かな技術に裏打ちされた大胆な筆さばきが特徴である。初期はウーディノ、コローらのもとで絵画を学び、マネやルノワールら印象派の画家たちとの交流を通じて独自の絵画技法を編み出した。晩年にいたるまで盛んに製作を行い、画家ではマネやルノワール、画家以外ではマラルメと盛んに交流を行った。 マネとは非常に親しい間柄であり、絵のモデルになるだけではなく家ぐるみのつきあいがあるほどであったが、モリゾはマネの愛人というわけではなく後にマネの弟ウジェーヌと結婚し娘ジュリーをもうける。後年の作品はこの娘ジュリーや夫であるウジェーヌを題材にした牧歌的なものが多い。モリゾが好んで描いたモチーフはジュリーや夫ウジェーヌら家族に代表されるように自らの周囲、すなわち当時の上流階級の優雅な生活の風景が多く、風俗画の伝統を受け継いでいる一面もある。 (引用元 Hatena Keyword)